食後に胃が重い時、お腹周りの筋肉を動かす運動をすると、楽になることがありますが、これはなぜでしょうか?

 

忙しい仕事を抱える人たちによく見られる胃腸の不快感に対する改善法としても知られています。その理由を見てみましょう。

 

不快感が発生する原因を考えてみます。

 

食事の時間がバラバラになると、一部の人は胃酸の分泌量が通常よりも少なくなります。これにより、食べたものがゆるく消化され、胃に大量の食物が長時間留まり、胃と他の内臓に圧力がかかり、胃が重いと感じられます。

胃に刺激を与えるもの(例:お酒、辛いもの)を摂ると、通常でも不快感が生じる可能性がありますが、胃腸が健康であれば刺激物を素早く排除します。しかし、胃腸の調子が悪い場合、刺激物が長時間滞留し、不快感や重い感覚が生じます。

お休み前など、胃腸の動く速度が緩くなる時に大量飲食でも、胃と他の内臓に圧力がかかり、胃が重いと感じられます。

では、なぜお腹周りの筋肉を動かす運動が効果的なのでしょうか?この運動により、胃が周囲の筋肉に刺激を受け、胃酸と食物がよく混ざり、胃の消化が強制的に促進されます。また、運動によって体温が上昇し、血液の循環が促進されます。特に軽い運動は、消化器官に十分な酸素、栄養素、そして熱を供給し、食事の消化がスムーズに進む可能性があります。

 

そのため、食後に胃が重い時は、お腹周りの筋肉を動かす運動が効果的です。ただし、激しい運動は逆に消化を妨げる可能性があるため、軽い散歩やストレッチなどの穏やかな運動が良いでしょう。また、個人差があるため、自分に合った運動を見つけることが重要です。もし胃が重い症状が続く場合は、医師に相談することが重要です。

(Speedianceアプリでストレッチを検索して、たくさんのワークアウトがあります)