自宅で筋トレをする際にオススメの器具などはありますか?

 

まず、自宅で筋トレをする際にめぐる問題点はなんでしょう。

いくつかの点があるようだ。

1.気になる部位にどんな動きを何セット練習するようのかがわからない。

2.やり方を間違えると怪我をしそうで怖い。

3.一人で黙々練習したら達成感が薄い。

4.周りの人が音に敏感で、迷惑をかけるのが怖い。

5.使用面積、予算、トレーニングしたい部位などの条件が限れて、それでどんな器具を買えばいいかわからない。(本題)

 

だから、トレーナーが必要、仲間が必要、フィットネスクラブが必要だそうですけど、フィットネスクラブに会員登録されでも、あまり行きません人がたくさんいます。

 

実は、以上の問題点を全部に解決する方法がいくらでもあります。

まずは問題点個別の解決策

問題1の解決策は経験者の指導です。

問題2の解決策は間違えやすいところを差し出しトレーニングコースです。

問題3を解決するのは、トレーニング友達作り。実際の友人、ネット友、トレーニンググループなどと自分の進展と経験をシェアすると達成感たっぷりです。

問題4:ヨガマットなどのマットを使用し、朝と深夜のトレーニングで、大重量のディスクを使用しないで

 

では、以上の全部問題点を解決考え方を3つ伝えします。

まずは、一番安い方法

知り合いのトレーニング経験とネット上のコンテンツを見ながらで自重練習をします。

おすすめられた器具は

自宅の壁、ヨガマット、腹筋ロール、弾力ロープなど

メリットは安い。

デメリットはたくさんあります。何がいい、あるいは必要だということをわかるまで、ずいぶん時間がかかるから、トレーニングを諦めかもしれません。

そして、一番応用される方法

評判のいいトレーナーやフィットネスクラブと一定時間契約し、自分の身体状況と改善のワークアウトを詳しくなると、自宅で類似の器具を購入し、宅トレをします。

この状態で購入されるものは指導を受けたトレーナーによって違います。

スミスマシン、バーベル、ディスク、ベンチプレスセーフティ、ベンチ、ルームランナー、ステッパー、百均のEVAパズルマット、マッサージガン、など

その方法は自分のペースでいけるから、時間、精力と予算に応じて、いい結果も出っそうです。

ここでは、弊社の考え方を紹介します。

問題1筋力測定のデータと身長、体重、年齢、性別、気になる部位、トレーニングできない部位などのデータに人工知能でおすすめワークアウト、回数、重量を使用者に提供

問題2 評判のいいトレーナーにコース収録をお願い、間違えやすいところをいちいち提示、さらにアルゴリズムで異常状態を発見し、デジタルウエイトを中止します。

問題3:アプリで全使用者の中でトレーニング時間、目標の完成などの比率を提供します。使用者グループを作って、トレーニングの成果をシェアする場所を提供します。

問題4:デジタルウエイトを使用し、大重量の抵抗練習でも、音が立てません。

26万円ぐらいのGYM PALは安い筋トレ器具でもありません。しかし、日本市場ではこれまでにない新しいジム体験ができること間違いないです。

GYM PALにご興味をお持ちいただければ、以下のリンクから詳細情報:

https://shorturl.at/oAN68